『かもめ食堂』

これまた以前wowowで録画しておいた『かもめ食堂』を観ました。
フィンランドが舞台ということで、ヨーロッパの乾いた空気を感じる
(札幌も似てますね)映画で、独特の雰囲気がありました。
主演の小林聡美という人自体が、なんともいえない存在感というか
雰囲気を持った女優さんです。『カバチタレ』でもそうでした。
「ガッチャマンの歌」には笑いました(^o^)
主人公と同じく♪誰だ!誰だ!誰だ~!♪しか思い出せない自分が
また可笑しかった。
[PR]
by toriton-009 | 2007-11-28 22:50 | 映画のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://toriton009.exblog.jp/tb/7567885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 不満がいっぱい >>